今年の夏は猛暑が長く続きました。

森の中は涼しいのですが、そこにたどり着くまでに汗びっしょり。

その代わりプール活動や川遊びはたっぷり行い暑い夏を乗り切りました。

たっぷりの日差しのおかげで、畑のお野菜もいっぱい収穫できました。

森の中での運動会の後、やっと秋の気配。そうなるとどんどん歩く森ん子ちゃん。

ホコリタケをつんつんしてみたり、栗にとんぼにきれいな青空。

長い竹の棒を使って渋柿を取ります。枝を残さないと干し柿にできないよ。かなり難しいけどみんなチャレンジします。

森ん子に持って帰って早速皮をむき、お縁につるしました。

美味しい干し柿になあれ。

拾った栗を米袋に入れて追熟させました。栗をゆでて割ってみます。「これは虫がいないね。いいにおいがする」「これは臭いから食べれないね」

子どもたちは興味津々でのぞき込みます。みんなでお弁当の時食べようね。

今年の秋は短い予感がします。山の味覚を食べつくすぞ~