緊急事態宣言が解除され、少しずつですが日常の生活が戻ってきました。

森ん子もすべてのお友達がやっと揃いました。森ん子でもできる限りの感染対策の上、保育を行っていきます。保護者の皆さんもご協力ください。

ヤッホ-公園にお散歩に行きました。帰りに新しいお家が建つ土台を見つけ、子どもたちは興味津々。真上からきれいに見えたので、「あそこが玄関かな」「台所はどこかな」と想像するのは楽しいです。

芋苗を植えました。

毎年、夏野菜の苗は、自分の好きな野菜を決めて植えていましたが今年は登園自粛をしていた子も多かったので登園している子でトマト、きゅうり、ナス、オクラ、枝豆、ピ-マン、かぼちゃ、すいかを植えました。もうピーマンは大きくなり収穫が楽しみです。

収穫した野菜は、少しずつ家庭に持って帰ります。いつもならクッキングをしてみんなで食べるのですが今年は難しいようです。お家で食べてくださいね。

ほし組さんの中にはお野菜嫌いな子もいます。森ん子の野菜はおいしいので食べれるかもしれません。

この砂場もずいぶん昔にお父さんたちが作ってくれました。

子どもたちは大好きで、集中して遊びます。

しいのみの森に出かけました。

大きな木陰でゆっくり遊びます。心地よい風が爽やかに吹き抜けていきます。

四葉のクローバーを見つけました。

初めて見つけたIくん「ぼく幸せになれる」とはにかむ笑顔。「でも家族が幸せになりますようにってお願いしよう」と何度もつぶやいていました。

その帰り道、ぴちぴち鳥の鳴き声が。みんなのすぐ近くでつばめがアパ-トの階段にとまって鳴き続けていました。まるでもうこれ以上近づかないでと言っているようでした。きっと近くの巣にいるひなを守っているのでしょう。