卒園式を3月6日(金)に晴天のキャンプ場で行うことができました。

てんぐさんありがとう。保護者の皆さん、卒園児のご家族、みんなの力を集結させ困難なことを乗り越えてきました。そして多くの方に見守られた素晴らしい卒園式となりました。こんな状況の中で奇跡のようなすてきな時間でした。

にじくみさん感動をありがとう。

そらさんほしさん応援ありがとう。

そして今年のしめくくりの頑張り登山。頑張った子どもたちへのご褒美として、新ル-トに挑むことにしました。

坂本集落の上➡展望台➡大石垣➡猫坂礎石群➡ラクウショウの森➡子どもの国というル-トです。

細い山道も怖くない。どんどん行くぞ。みんなたくましい。

大石垣の周りはきれいな水が流れています。

深い谷底には小川が流れ、可憐な山椿がいくつも落ちていました。

ついたよ!にじ組やったね!政庁跡が見えるね。

「やっほ~」

そして目指すは「落羽松」。まだまだ行くぞ!

妖精さんみたい~踏まないようにゆっくり歩こう。突き出ているのはラクウショウの根っこです。子どもたちは不思議な光景にじっとたたずみます。

みんなここまでよく頑張ったね。この後は子どもの国でお弁当を食べゆっくり遊びました。

そして今日は卒文庫式。森ん子文庫にはこだわりの質の良い本がいっぱい。にじさん最後の読み聞かせは山の上で。

文庫カ-ドが手渡されました。いっぱい本を借りたね。







この一年、さまざまなことがありました。

だけどやっぱり自然の中で遊びこむことの大切さを強く感じた年でした。

重く息苦しい不安な毎日ですが、自然はいつもと変りなく四季は移ろいでいます。

桜は美しく咲き誇り、うぐいすも鳴いています。大きな木には新緑が芽吹いています。

私たちはこの難局を乗り越えるために自己免疫を高め、自然からパワ-をもらいましょう。

もうすぐ新年度が始まります。きっといろんなことがあるのと思います。ワクワクドキドキ。

皆様のより一層のご支援よろしくお願いいたします。