秋を満喫している森ん子の子どもたち。毎日森や山や野原に出かけて遊びまわっています。

そんな森ん子さん、今日はてるさんてみさんとキャンプ場で「音あそび」を楽しみました。

まずは薪を集めてたき火をしよう。

森の中でたき火を囲んで、てるさんの優しいギタ-の音色が子どもたちの心に響きました。何だか子どもたちも演奏したくなってきました。枝を拾ってきて竹を叩いたら素敵な太鼓になりました。

いっぱい歌って、いっぱい踊って、あ~楽しかったね。てるさんてみさん、優しい音楽を奏でてくれてありがとうございました。

さぁ~そろそろ焼けたかな。みんなのお待ちかね。たき火で焼いたお芋にりんご、お野菜。ちょうど焼きあがりました。

お芋はおいしいね。安納芋あまい~

りんごって焼いたらこんな風になるんだ。いつものりんごじゃないね。

変わり種は、キャベツに玉ねぎ、ピーマンにれんこんもおいしかったね。厚揚げはポン酢で食べました。

焼き焼きすると、素材の味が濃くなる感じ。だから子どもたちはいっぱい食べます。もりもり食べます。うんちだっていっぱい出るのです。森の力って本当にすごい。

一番人気はやっぱりバナナです。甘くてとろ~り。たまりません。みかんもおいしかったね。

ご飯の後は探検に出かけました。

小川で、冬眠の支度で忙しいカエルを見つけました。「あっカエルだ。つかまえろ」

この小さな川で、かにや小さな生き物をいっぱい見つけました。夢中になって川に入る子どもたち。靴も服もぐちょぐちょになったけど平気平気。

こっちのグル-プは基地を作ろう。この枝いいね。協力して運びます。「よいしょ、よいしょ」

ここが玄関で。

ここは台所。

木の股に枝を挟んでシ-ソ-の出来上がり。ぎっこんばったん。乗る場所によって真っすぐになるとこがあるね。

朽ちかけた木の中から幼虫を見つけました。

「くわがたや」

「持って帰りたい~」

帰る時間になって置いていたはずのところを探しても、木ごとなくなっていました。なんと不思議なことでしょう。きっと森の妖精か魔法使いが隠したに違いない。

もしかしたら天狗さんかもよ。

お母さんが連れて行ったかも。

子どもたちからいろんな言葉があふれてきます。

森の中ってほんとに素敵。