いつものブランコの森に出かけました。

大きな木の枝がボッキリ折れているのを見て、あぜんとする子どもたち。なんで折れたと?

台風、、、「なんであの枝だけ?」

雷、、、「焦げてないやん」 はてさて魔法使いか小鬼か妖精か。

天狗さん、、、「てんぐさんはそんなことせんよ」

答えは見つからないまま、ふしぎな気持ちで森の中へ。

なんか獣のにおいがする。見て~うんちがいっぱい。

子どもたちは、いろんなものを見つけ、そのひとつひとつから物語を紡ぎだしていきます。あ~天狗さんの葉っぱが一枚だけ黄色いよ。ほんとだ。どういうこと?

あの木何だか怖い。

さあ、森の奥へ、どんどん奥へ。

迷子になったらいけんけ、目印付けとこ。

あの枝曲がっとる。あっちに行けってことやない。

これ以上進むなってことやない。

どんどん暗くなる森の中。みんなの話もどんどん膨らんでいく。

俺、この話の本書く。いいね。冒険やもんね。この奥に王国の秘宝があるとよ。もう行かんどこ。帰れんかも。俺目印付けとる。もっと行ってみようよ。

どっちに行くか決めよう。この棒持って。みんな持つとよ。せ~ので離すよ。

「せ~の」

冒険を終え、みんなのもとへ帰りつき、意気揚々と興奮状態の子どもたち。みんなの心の中にかけがえのないファンタジ-が育まれたことでしょう。