今年の森ん子の発表会は、まずおすもう対決です。
見合って見合って はっけよい残った残った~
ほしぐみさんも

そらぐみさんも

にじぐみさんも

負けたら悔しいけどみんな勇気を出して取り組みました。みんなみんないいお顔。

にじくみさんだけはト-ナメントで優勝をきめました。手に汗握る熱戦が繰り広げられましたよ。

ほし組さんの出し物は「おおかみとほし組子やぎ」です。ほし組さんたちは楽しそうに子やぎになりきって演じてくれました。恥ずかしがらずにセリフも大きな声で言えました。すごいね!

そら組さんは「りゅうとどうぶつの村」です。自分たちでお話を作りせりふを考え、繰り返し練習して素敵な劇が出来上がりました。その自信のおかげでみんなのびのびと役になりきっていましたね。それぞれの比べっこがかわいかったですね。

最後はにじ組さん。「ジュラシックワ-ルド宝を探す」はにじ組さんみんなのやりたい役をつなぎ合わせて作り上げた劇です。なかなか話が出来上がらないので、実際に森に出かけ砂漠や滝や火山を探す探検に出かけイメ-ジを膨らませ一気に作り上げました。

お面も衣装もすべて自分で作りました。なかなか味のあって素敵です。

頑張った子どもたちにお母さんたちからクッキ-をもらいました。おいしかったね。いつもありがとうございます。