10月のある晴れた日、森ん子ではおなじみのキャンプ場にて『お母ちゃん給食』が子ども達に振る舞われました。
『お母ちゃん給食』とは、年長さんクラスのお母ちゃんたちが、子どもたちにお昼ご飯を作って保育の時間を少しだけ共有する、毎年の恒例行事です。
おひな祭りだったりクリスマスだったり、開催する季節はお母ちゃんと保育士さんで話し合って決めます。

今年は10月開催でハロウィン給食!
天然酵母のパン、きのこのトマトソーススパゲッティにいろいろ野菜のポタージュスープ。デザートは紫芋パウダーと抹茶で色付けした、3色白玉入りみかんゼリーでハロウィンを演出。

配り終わったお母ちゃんたちも入れてもらって、みーんなで輪になって食べました。お天気にも恵まれ、お母ちゃんたちの思い出にも残る素敵な一日となりました。
保育士さん方いつもあたたかく見守ってくださり、ありがとうございます。
(記:年長にじぐみ母)