冷たい雪や雨の降る寒い一日でしたが森ん子の子どもたちは元気に登園してきました。
楽しかった冬休みの思い出を一人一人発表しました。
「お母さんとかるたした」
「サンタさんから○○もらった」
「お年玉でお菓子買った」
「おばあちゃん家にいとこが来られんかった」などなど・・・
子どもの心に残ることは、旅行に行ったり特別な行事ではなく、なんてことない小さな日常なのです。

今日のにじ組さんは冬休みの思い出を描きました。おせち料理おいしかったんだね。

そら組さんは冬休みにみつあみを頑張りました。自分だけの縄跳びを作りましょうね。

ほし組さんはだるまの絵を描きました。みんなかわいい !!